SDGs、カーボンニュートラルなど企業に求められる社会的責任が増える一方、

本質的な未来を見据えた活動で、企業のイメージアップ・ファンの獲得・

優秀な人材の採用などの恩恵を受けている企業も数多く存在します。

私共、『環境と人』に寄せられるご相談の中で、経営者様、SDGs・採用・商品企画部門
担当者様にとって有意義であると感じたものをセミナーとしてお届けしています。

SDGs活動を推進していきたいとお考えの方はぜひ、ご参加ください。


セミナー内容

Seminar 01

SDGs&カーボンニュートラル本質的「マネタイズ」戦略

企業におけるSDGs、カーボンニュートラルに向けた活動は今や当たり前の時代。
なぜなら、社会的責務・意義はもちろん、こういった活動の是非が消費者や従業員に与える満足度、イメージを左右することになるからです。
しかし、未だ取組を始めることができていない、具体的に何をすればいいのかわからない、実際に活動を始めているが成果に結びついていないなど企業活動として軌道に乗っていない会社も多くあります。本セミナーではSDGsとカーボンニュートラルの正しい知識と、時代に求められる企業活動のロードマップをご提示いたします。

 お申し込みはこちらから 

セミナー詳細

開催日時2022年10月20日(木)13:00~14:00
参加費無料
申し込み〆切開催日の前日18時まで
主催新井紙材株式会社
注意事項・セミナーの録画、録音、撮影は禁止です。
・主催者および他の参加者へのご迷惑となる行為はおやめください
・上記にご協力いただけない場合、退席していただくことがありますのでご了承ください。
お問合せ環境と人 セミナー運営事務局
mail:support@m.humanatnature.com
※頂いたお問い合わせには3営業日以内にお答えさせていただきます。
(営業時間 平日 10時 〜 17時)

主催者プロフィール

新井 遼一

Ryoichi Arai

循環思考メディア『環境と人』 編集長
新井紙材株式会社 取締役副社長
東京都製紙原料協同組合青年部 副会計
中央大学大学院 戦略経営研究科卒(MBA)
古紙リサイクルアドバイザー

既存の古紙リサイクル・機密書類処理・産業廃棄物処理などの事業を営む中、ゴミが毎日、大量に廃棄される現場に衝撃を受けメディア事業を創設。

世界に広まりつつあるSDGsの流れに加えサーキュラーエコノミー・カーボンニュートラル(脱炭素)も視野に入れ、社会に価値ある情報を届けるべく「環境と人-human at nature-」をローンチ。

様々な分野の産業廃棄物処理業者・SDGs関連メディアのオーナー・エシカルな商品を開発販売する企業・産業廃棄物の発生に頭を悩ます企業などと「環境と人」の開発を通じて関係性を構築。

生活者・企業・自治体への啓蒙、またその活動支援などに幅広く貢献する。

主催循環思考メディア「環境と人」について

編集長新井遼一がリサイクル業の現場で感じた「正しい情報が誰にも伝わっていない」という

危機感に端を発し、2021年春よりコンテンツ制作開始、同年10月よりローンチされた情報プラットフォーム。

活動のキーポイントは「循環」で、

  •  70年に渡るリサイクル業での経験やネットワークを駆使した情報を
  •  幅広い生活者に伝わりやすい形(動画・画像・テキスト・イベント)でコンテンツ化し
  •  SNSをはじめとする多様なマーケティングチャネルで多くの人々に届け
  •  新たなニュースソースとの接点を拡大していく

このような「情報」の循環によるスパイラルアップを目指す。

また、活動に生活者の方々のみならず、気候変動を含む環境問題に高い意識を持つ企業・団体も巻き込むことで

多方面に影響力を発揮。具体的には、

  •  メディア運営で培った情報をもとにした個人・企業・団体の活動への助言
  •  メディア運営で培った見極め力に依拠した本質的な活動内容のコンテンツ掲載

これらを通して集まった「人」や「お金」といった資源も同時に循環させ

環境と人の調和ある発展に力を注ぐ。

VIEW MORE 

プライバシーポリシー

お申し込みはこちら
お申し込みはこちら