環境と人 - リサイクル会社がつくる循環思考メディア

「エシカル」という言葉を、「うさんくさい」と感じてしまうあなたへ

近年、様々な業界で「エシカル」や「サステナブル」という言葉を聞く機会が増えました。ひとまず、この記事では「エシカル」という言葉に注目したいと思います。それは直訳すると「倫理的」という意味。「倫理的」…では、なかなか分かりづらいかもしれません。愛知県のHPで「エシカル」の意味が紹介されていたので引用したいと思います。

 

「エシカル」とは、英語で「倫理的な」という意味の英語の形容詞・ethical を、そのままカタカナに置き換えた言葉です。「エシカル消費」を直訳すると「倫理的な消費」となります。つまり、「安くて良いモノ」や「自分にとってどれくらい得か」といった基準で選ぶことではなく、より広い視野で、「人や社会、環境などに優しいモノ」を購入する消費行動やライフスタイルを指しています。自分以外の他者や地域社会、自然環境などを思いやる、「思いやり消費」、「応援消費」とも言えます

 

値段や損得だけじゃなく、人や社会、環境を思って行動すること。それが、「エシカル」の根本と言えるでしょう。物事を倫理的に捉えて、正しさに基づいて行動する…そんな人たちで溢れる社会は居心地がいいはずです。

 

しかし、「エシカル」という言葉が広がる一方でその言葉に懐疑的な態度を示す人たちも生まれています。「倫理的」や「エシカル」という言葉は、どこか「うさんくさい」…そのように感じているのです。

 

「エシカル」と信じる人たちと、「エシカル」を疑いの目で見る人たち。両者の溝はどのようにして生まれるのでしょうか。また、一体どちらの考え方が正しいのでしょうか。この記事では、「エシカル」が持つ「うさんくさい」空気感の正体に迫りたいと思います。

 

「エシカル」、その怪しさの正体

「エシカル」に関心を持ち、実践する人たち。「エシカル」を「うさんくさい」と思い、疑いの目を向ける人たち。両者は相容れない存在に思えますが、実は共通している点があります。お互い、「エシカル」を主観的に捉えているのです。

 

愛知県HPの文章を引用した通り、「エシカル」の定義には一部「思いやり」や「応援」といった言葉が含まれます。「思いやり」や「応援」の気持ち。その大きさや方向性、振り幅は人それぞれです。「エシカル」な行動を取る人それぞれが思い描く「エシカル」の形があるのです。また、「エシカル」に対する理解がなかなか進まない人たちもいます。

 

「エシカル」の価値基準は人それぞれ。「エシカル」と一言で言っても、様々な考え方がある…だからこそ、他者の考え方が理解できないこともあります。主観と主観のぶつかり合いが起こると、一部の人は「根拠のない正義を振り翳され、押し付けられている」と思ってしまうかもしれません。このすれ違いが「うさんくさい」に繋がってしまうのです。

 

さて、話を整理しましょう。「エシカル」を実践する人も、「エシカル」を理解できない人も、どちらも個人の価値基準に従って判断しています。理解が進まない人たちに「エシカル」を押し付ける行為は余計にすれ違いを加速させるのです。

 

「エシカル」自体が「うさんくさい」のではありません。実践しようとする人、理解が進まない人たちのディスコミュニケーションの問題なのです。

 

企業はどのように「エシカル」を捉えているのか

個人間のディスコミュニケーションは、お互いの気持ちを擦り合わせて解消できる可能性があります。ですが、企業の場合はどうでしょうか。「エシカル消費」という言葉があるように、近年は個人と企業のコミュニケーションにも「エシカル」が登場します。個人と企業が価値観を擦り合わせて…というのは夢物語。現実的ではありません。

 

企業は、数字を作ることを目指します。そのため、「エシカル消費」を謳ってもお金を稼ぐことから離れることはできません。この考え方に違和感を覚える個人も多いと聞きます。「思いやり」や「応援」の気持ち、と言いながら結局はお金儲け…そのように考える人たちが多いのでしょうか。

 

この問題は、二つの側面から捉える必要があります。一つ目は、そもそもお金儲けは悪いことではないという理解。そして、企業が考える「エシカル」も主観的な意見であるという理解です。

 

まずは、一つ目の『そもそもお金儲けは悪いことではないという理解』について。これは、多くの人が勘違いをしている印象があります。

 

お金とは、物やサービスの価値に対して支払います。物やサービスを世の中に供給し、よりよい社会を作る企業。その功績やありがとうという気持ちをお金を支払うことで表現する…これが消費の根本だと思います。「エシカル」消費を推進してよりよい社会を目指す企業の価値にお金を支払うのは、実は道理が通っているのです。

 

二つ目は、『企業が考える「エシカル」も主観的な意見であるという理解』です。個人が独自の「思いやり」や「応援」の気持ちを持って「エシカル消費」を行うように、企業も独自の「エシカル」な視点で物やサービスを売っています。企業がどのように環境問題・国際問題に向き合うのか。それは、企業それぞれが決める範疇。企業も、主観的に「エシカルだ!」と思ったことを信じているのです。

 

「エシカル」な視点でお金を稼ぐことも正しく、それに対して「うさんくさい」と感じるあなたの主観も正しい。大切なのはどちらも間違っていないということです。また、自分の考え方と合う企業の商品を選ぶことも、「エシカル消費」の一つの考え方だと思います。敢えて「うさんくさい」と思う心を捨てずに、あなたが「うさんくさい」と思わない「エシカル消費」を目指してはいかがでしょうか。

 

企業それぞれが考える「エシカル」を理解する

企業それぞれの「エシカル」は異なる…先にそのように述べましたが、具体的にはどう異なるのでしょうか。いくつかの企業の考え方を見たいと思います。

 

アメリカの「エシスフィア・インスティテュート(Ethisphere Institute)」が発行する「世界で最も倫理的な企業」リストを参照すると、日本企業である「ソニー」「花王」の名前があります。また、日本法人としての選出ではありませんが「キヤノン」も名前が挙がっています。

 

上記3社は、世界的に「エシカル」であるとされる企業ということです。ですが、その「エシカル」の視点はそれぞれに異なるはず。この3社が考える「エシカル」を紐解きたいと思います。

 

・ソニー

ソニーの場合、「感動に満ちた世界を、次世代へ。」というコピーとともに、以下のようなメッセージを掲載しています。

 

私たちはテクノロジーと多様な人材を源泉として、社会価値の創造に挑み続けています。さらに、持続可能な社会と環境のための取り組みを加速し、感動あふれる未来の実現を目指しています

 

ソニーの強みである「テクノロジー」という言葉を含んでいます。また、コピーにあるように「世界」という広い視野で物事を捉えています。これもまた、ソニーならではの考え方が表れています。

 

ソニーのHPには「ソニーの企業活動は、あらゆる生命の生存基盤である地球環境が健全であってはじめて成り立ちます」といった言葉も。企業活動を成り立たせる資源や化学物質、生物、環境への感謝の気持ちが主であると分かります。

 

具体的な施策としては、2010年4月に環境計画「Road to Zero (ロード・トゥ・ゼロ) 」を打ち出しています。内容は、2050年に自社の企業活動による環境負荷をゼロにするという物。コピーやメッセージにある通り、「世界のために」という思いが強く感じ取れます。

 

・花王

花王では、人々の暮らしを「Kirei Lifestyle」という言葉で表現し、エシカル消費への関心を集めています。以下、花王のHPに掲載されている文章を引用します。

 

花王のESGは、生活者の持続可能なライフスタイルを送りたいという思いや行動に応えることをめざしています。生活者が求める暮らしを Kirei Lifestyle と呼び、その実現に向けて、ビジョン、コミットメント、アクションからなるKirei Lifestyle Planを策定し、社会のサステナビリティに貢献する取り組みを進めています

 

この「Kirei Lifestyle」は、「快適な暮らしを自分らしく送るために」「思いやりのある選択を社会のために」「よりすこやかな地球のために」という3つの軸から成り立っています。そして、

 

快適な暮らしを自分らしく送るために:QOLの向上、清潔で美しくすこやかな習慣、ユニバーサルプロダクトデザイン、より安全でより健康な製品

 

思いやりのある選択を社会のために:サステナブルなライフスタイルの推進、パーパースドリブンなブランド、暮らしを帰るイノベーション、責任ある原材料調達

 

よりすこやかな地球のために:脱炭素、ごみゼロ、水保全、大気および水質汚染防止

 

といったように、それぞれの軸に具体的な施策が紐づいています。哲学として打ち出すよりも、今後の計画を広報するという側面が強いと言えるでしょう。また、ソニーに比べると、消費者の視点での言葉が多いようにも感じられます。

 

・キヤノン

選出されたのはアメリカ法人としての「キヤノン」でしたが、ソニーや花王と同じ日本企業として比較したいと思います。

 

「環境経営」「社会」「ガバナンス」という3つの軸を持ち花王と同じように、それぞれの軸に下位概念が整理されています。世界の環境を守るために…というソニーに通ずる考え方と、ガバナンスを強化して顧客を大切に…という花王に通ずる考え方が混在している印象を受けます。

 

ソニー、花王にはない独自の取り組みとしては、以下のような物を見付けられました。

 

アニマリウム:仮想空間「アニマリウム」の中で、楽しみながら環境や生物多様性に触れていただくコンテンツです。

 

未来につなぐふるさとプロジェクト:さまざまな地域で、自然再生活動に取り組んでいます。

 

上記は、キヤノンが実践する子ども向けのプロジェクトです。ソニーや花王が大人の暮らしに比重を置く一方で、キヤノンは子どもたちの未来に焦点を当てて「エシカル」な取り組みを行っているのです。

 

読みながら自宅で実践できるプログラムから、リアル体験重視のプログラムまで様々な取り組みをしているのも特徴的。キヤノンならでは哲学が垣間見えます。

 

企業と消費者の間で起こる「グリーンウォッシュ」「SDGsウォッシュ」への気付き

 

前項のように最先端を行く企業それぞれの取り組みを眺めると、きっとあなたの考え方に通ずる哲学を持った企業との出会いがあるはずです。あなたが共感できる企業の商品を手に取り、ご自身が納得できる消費の形を目指す。これが、「エシカル消費」の第一歩です。

 

しかし、様々な企業の考え方に触れる中で注意すべき点もあります。「グリーンウォッシュ」や「SDGsウォッシュ」という言葉をご存知でしょうか。環境への配慮やSDGsへの思いを前面に押し出した広報プロモーションで顧客の気を惹き付けながらも、実態が伴っていない企業もあります。企業が、消費者に誤解を招くような発信を行うことを「グリーンウォッシュ」「SDGsウォッシュ」などの言葉で表すのです。

 

誤魔化しや上辺を指す「ホワイトウォッシュ」という言葉から生まれた造語。これもまた、「エシカル消費」を「うさんくさい」と思わせてしまう原因の一つと言えるでしょう。企業が「エシカル」や「SDGs」を謳っている時は、必ず具体的な取り組みを調べ自分の哲学と合っているかを確認することをおすすめします。

 

「エシカル」を謳う企業の責任。そして、正しい選択をする私たち消費者の責任。両者の努力があって初めて「エシカル消費」は成り立つのです。

 

終わりに

このように、企業それぞれの哲学を持って「エシカル」な実践を行っています。多くの人に発信する使命を持つ企業ですら、多種多様。個人はもっと様々な意見に溢れていると言えるでしょう。数多の声が集まる中で、そのいくつかの声を「うさんくさい」と思ってしまうのは、当然のように思えます。

 

大切なのは、「うさんくさい」と思ったからこそ、自分の信じる「エシカル消費」の形を見付けること。押し付けられるだけじゃなく、自分で見付けることもできるのです。「うさんくさい」と感じたあなた独自の価値観を捨てずに、あなただけの「エシカル」を探してみてください。

 

環境と人 編集部

このメディアは、「ごみ問題を解決する」ことを目的として、サステナブルな社会と、自然と調和したライフスタイルに関する情報を発信しています。
普段あまり目にすることのない「リサイクル・廃棄物産業側の視点」から、環境と社会に関する深い理解を提供していきます。

読まれている記事

他の記事を見る